生活

【2018年】おすすめ電動歯ブラシ6選

手で歯みがき、疲れませんか?

歯みがきが面倒くさいと思ったことはありませんか?

そんな悩みを解決してくれる電動歯ブラシ、現在は色々なメーカーから多くの製品が発売され価格も手軽に買えるものも増えてきました。

そこで売れ筋ランキング上位をひしめき合っている「パナソニック」「ブラウン」「フィリップス」の3社のおすすめ商品を紹介していきます。

その前に電動歯ブラシの大まかな種類を紹介しておきます。

  • 一つは音波振動式

これは人が手で歯を磨くのと同じような動きと思えばイメージしやすいです。ブラシのヘッドの形も普通の歯ブラシと似ています。ただ、人間よりもずっと速く動かせます。一般的に音波振動式は歯ぐきにはやさしいですが、歯垢除去力は少し劣ります。

上記の中ではパナソニックとフィリップスがこれに当たります。

 

  • もう一つは回転式

そのままですがヘッドが回転するタイプです。ブラシの形も丸くなっています。一般的に回転式は洗浄力が高いですが、歯ぐきへの負担が大きくなります。

ブラウンがこのタイプです。

 

ではここから売れ筋・おすすめの商品を紹介していきます。

パナソニック 音波振動ハブラシ ドルツ EW-DM61

価格.comで売れ筋1位の商品です。(2018年9月30日現在)

軽量・コンパクトな本体で手磨きと同じような感覚で磨きやすいため、初めて電動歯ブラシを買うという方にもおすすめです。性能的にはシンプルですが、磨き能力が低いというわけではなく普通に磨くには十分です。

 

パナソニック 音波振動ハブラシ ドルツ EW-DL34

2018年9月に発売されたばかりの新モデル。日本歯科医師会が推奨する磨き方ができる商品です。通常のブラシの他に全面にひし形の毛が植毛されたステインオフブラシも付属しており歯の着色汚れを落とすことができます。

 

フィリップス ソニッケアー イージークリーン HX6521

エントリーモデルですが、十分な基本性能を持っています。独自の音波水流によりブラシの毛先が届きにくいところの歯垢を除去できます。

 

フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエデョション HX9314

歯の表面に付着したステインを除去し、約1週間で歯本来の白さに近づける「ホワイトモード」を搭載。他にもディープクリーンモードやセンシティブモードなど5つのモードを搭載しています。

 

ブラウン オーラルB PRO2000

高速上下運動で歯垢を浮かし、 左右反転運動で浮いた歯垢をかき出す「3D丸型回転テクノロジー」を搭載した電動歯ブラシ。「押し付け防止センサー」や「やわらか極細毛ブラシ」など歯ぐきにやさしい機能もついています。

 

ブラウン オーラルB ジーニアス9000

オーラルB最高峰モデル。歯科クリーニング器具のような丸型ブラシで歯医者さんが推奨する正しい歯みがきが実践できます。

 

まとめ

電動歯ブラシの主要メーカーから幾つかの商品を紹介しました。

これら電動歯ブラシは多くの支持を得ている商品なので、正しい使い方をすればどれも高い歯垢除去力を発揮できるものです。

手磨きでは落としきれない汚れも電動歯ブラシならより落としやすくなるので、まだ使ったことがない人も実際に電動歯ブラシを試してみるのいいと思います。