L'Arc〜en〜Ciel

ファン歴20年が選ぶラルクアンシエルのおすすめライヴDVD10選

どうもこんにちはラルヲタです。

僕はずっとラルクのファン=ラルヲタという認識だったんですが、最近はドエルという呼び方が蔓延してますね。

いまいちしっくり来ないですよ僕はw

それはさておき、ラルクの魅力と言ったらやっぱりライヴですよね。チケットがいい値段するだけあって演出が派手で面白くて楽しくて感動的です!

ラルクのライヴは多くが映像化されています。そこでファン歴20年の僕が選ぶおすすめDVDランキングを紹介したいと思います。

今回はL’Arc〜en〜Cielにちなんで厳選した7ライヴ(作品)を紹介します。

の予定でしたが、書いてて7つじゃとても無理でしたので10作品選ばせていただきました。

厳選!ラルクのおすすめライヴDVD10選

今から作品を紹介していきますが、商品のリンクも付けているので気になったらチェックしてみてください。

あとBlu-rayが見れる方は今買うならBlu-rayが圧倒的におすすめです。理由は

  1. 映像や音質が綺麗!
  2. DVDだと容量の関係で2枚に分割されてるものがあって、入れ替えが非常に面倒!

という2点です。僕もDVDで持ってるやつ全部Blu-rayに買い換えたい位です。

リンク先でDVDかBlu-rayお好きな方選べます。

それじゃいきますよ!

1位 20th L’Anniversary LIVE

バンド結成20周年を記念して行われたライヴです。会場は味の素スタジアムでしたが、2日間とも雨!そして僕はライヴの翌日風邪を引きました。

このライヴの凄いところは2日間でセットリストに被り曲がないこと!合計45曲が2日間で演奏されています。特に初日は初期の頃の曲も多く、僕も初めてライヴで聴けた曲が色々あり感無量でした。

コンディションは最悪でしたが、セトリが最高だったこのライヴ。ラルク20周年の歴史が感じられます。

DVD(Blu-ray)にも演奏された曲が全て収録されているので、まずおすすめしたい作品です。

2位 AWAKE TOUR 2005

created by Rinker
Ki/oon Sony キューン ソニー

アルバム「AWAKE」のツアー最終日の公演が収録されています。AWAKEは反戦がテーマとなっていて、このツアーもそのメッセージ性が強い演出になっています。そのため他のライヴのような派手さはないけど魅せるライヴとなっています。

そんなAWAKE TOUR、個人的に大好きで、特にオープニングから1曲目「AS ONE」の流れが最高。あのゾクゾク感はたまらん。

もう1度過去のライヴが見れるとしたらこれが1番見たいですね。

セトリは当然ですがAWAKEが中心で、今の所このツアーでしか演奏されていない曲もいくつかあります。

面白い試みだったのが「STAY AWAY formation A」。この曲はメンバー4人がボーカルをリレーし、途中hydeはドラムを叩いています。ちなみにツアーでは日替わりで「STAY AWAY formation B」というまた違うパターンの日もありました。

メッセージ性が強い演出の中でも遊び心を忘れないラルクさん、独特な世界観が味わえるライヴです。最後の曲のhydeの涙が印象的。

3位 15th L’Anniversary LIVE

こちらは結成15周年ライヴですね。やっぱり周年ライヴは特別感あるのでおすすめもしやすいです。

タイムトラベルというテーマがあって、メンバーの楽器や衣装、演出も過去のラルクが再現されています。演奏された曲もインディーズ時代から現在まで幅広くボリューム感があります。

DVD化されているのは2日目の映像がメインですが、初日にしか演奏されなかった曲もボーナストラックとして収録されています。なので2日間で演奏された曲は被り以外全部見ることができるというのもおすすめポイントです。

4位 ハートに火をつけろ!

アルバム「HEART」の全国ツアーです。リリースの数でラルクが最も勢いのあった年ですね。アルバム1枚シングル7枚とこのライヴVHSです。

僕がラルクファンになったのもこの年です。このライヴ映像が当時テレビ番組のランキングで1位で流れてたのを見て速攻買いました。浸食のライヴ映像がかっこよすぎて!ちなみに「HEART」はまだ聴いたことがありませんでした。

この作品にはツアーの大阪と代々木の公演の模様が入ってるんですが、その公演からリリースまで約2ヶ月というスピーディーさ!今のラルクはライヴ映像出るの1年はかかりますよね。

肝心の内容ですが、HEARTの曲を中心に当時のラルクが見れて良いです。ただ、曲数は14曲と少なめなのが残念。その代わりオフショットが結構入っていて見所はあります。

当時ラルクファンになったばかりの僕が初めて見て衝撃を受けたラルクのライヴ(映像)という事でおすすめです。

5位 SMILE TOUR 2004 〜全国編〜

アルバム「SMILE」を引っさげての全国ツアーです。活動休止もあって4年ぶりの全国ツアーです。僕が初めて参戦したライヴでもあります。

タイトル通り全国各地の公演の模様が収められていて面白いですよ。セトリはSMILEがメインですが、超貴重な「予感」が入ってるのは良いですね。P’UNK〜EN〜CIELが始まったのもこのツアーからでした。笑

6位 1999 GRAND CROSS CONCLUSION

ラルク初の野外ライヴです。収録されている東京公演ですが、ラルク史上最大の動員数を記録しています。1公演で12万5千人ですので、今後もこの記録を超えることはないんじゃないですかね。

このツアーは2枚同時リリースしたアルバム「ark」と「ray」が中心になっています。日替わりでどちらかがメインになっていたのですが、作品としては「ray」の日が収録されています。「ark」の曲も数曲演奏されていますが。

野外らしい開放的な雰囲気と観客の多さと他の作品にはない見所があります。セトリも今ではなかなか聴けない曲が多く、当時を知らない人にもぜひ見てもらいたい作品です。

7位 LIVE 2015 L’ArCASINO

大阪で行われた単発ライヴL’ArCASINOの2日目。こちらも野外です。野外ライヴとしてはこれが最新になりますね。

カジノがテーマという事でメンバーもお客さんもみんな楽しそうで良いですね。ちょいちょい懐かしい曲も入っていてセトリも素晴らしいです。

エンタメ性の高い雰囲気とバラエティに富んだセトリで見ていて楽しくなるおすすめのライヴ作品です。

8位 CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE-NO CUT-

アルバム「REAL」を引っさげた貴重なライヴハウスツアーの映像です。Zepp Osaka公演をタイトル通りノーカットで収録しています。ただし、MC部分は加工されていて聞き取れないようになっています。

余計な演出がなくシンプルにかっこいいライヴを見せてくれます。たくさんのカメラを使って収録していて、それを繋いだ映像は少々見づらいと感じるかも。

ライヴハウスで演奏するラルクがまず貴重だし、会場の雰囲気は映像からも伝わります。クールでかっこいいラルクも良いですよ!

9位 LIVE 2014 at 国立競技場

今はなき国立競技場で動員数8万人という記録を作ってしまったライヴです。

お客さんがスタンド360度全部に入っていて、またそれを利用したLEDやプロジェクションマッピングの演出は映像としても見応えがあります。

セットリストは最近のライヴではそんなに珍しい曲はありませんが、綺麗で豪華な演出はまさにラルクの真骨頂です。映像も綺麗で作品としておすすめです。

10位 25th L’Anniversary LIVE

結成25周年、現時点で最新のライヴです。ステージには大型スクリーンがたくさん設置され迫力の映像が見れるので、実際に会場でもめちゃ見やすかったです。またサブステージへの移動にムービングステージが初めて使われました。

セトリは今までの20や15周年の記念ライヴと比べるとシングル曲が多めになっていて、そういう意味での特別感は少なく感じました。ですが改めてラルクの代表曲というかヒット曲の数々を会場で聴いてとても感動したライヴでもありました。

25周年を迎えバンドとして成熟した最新のL’Arc〜en〜Cielが見れる作品です。個人的に「虹」で幕を開ける演出がすごい好きです。

まとめ:いいライヴばっかりだった!

あのー、一応ランキング形式でお届けしてきたんですが・・・

正直どれもよくて順位はあんまり関係ないです。多分明日書いたらまた違うランキングになってると思います。笑

そして思い出補正今となっては貴重な曲補正で昔の作品が上の方に入ってたりします。笑

でも当時を知らない人にもぜひ見て欲しいですね、昔のも。

初めに書いた通り、7の予定を10に増やして紹介しましたが、これでもまだ他にいいのいっぱいあるんですよね。本当困ります。

いや困りません。嬉しいです。素敵なライヴをたくさんありがとう!

ラルクのライヴはわりとどれも最高なので全部おすすめです!

ぜひ参考にしてみてくださいっ。