Nintendo Switch

【Switch】スーパーマリオパーティのゲーム紹介と感想【レビュー】

10月5日、Nintendo Switchのソフト「スーパーマリオパーティ」が発売されました。

初代マリオパーティがニンテンドー64向けソフトとして発売されたのが1998年。ちょうど20年目なんですね。初のSwitch向けマリパとなりタイトルに”スーパー”が付きました。

僕自身初代から何作かはリアルタイムで遊んでいたのですが、ここ最近のマリパは対応ハードを持っていないこともあり全然やっていませんでした。なので久々のマリパになりますが、本作のゲームモードの解説と遊んでみた感想を書いていこうと思います。

 

スーパーマリオパーティのゲームモードを紹介

定番のすごろく「マリオパーティ」

最大4人が一緒に遊べるすごろくゲームです。一人で遊ぶ場合はCPUが3人入ります。オンラインプレイはできません。基本的にはコインを集めながら進み、そのコインを交換所でスターに交換し、最終的に多くのスターを持っていた人が優勝となります。サイコロを振って進んで止まったマスによって様々なイベントが起こります。また選んだキャラそれぞれに通常と違う目の特殊なサイコロが用意されており、状況に応じて使い分けることができます。4人がサイコロを振り終わるとミニゲームが始まりその結果でもコインが貰えます。ミニゲームが終わると1ターン終了となります。ターン数は最初に10、15、20ターンから選べます。

遊んでみた感想

大人数でやるほど面白いと思います。一人向けにオンラインプレイも出来たら面白そうですが1ゲームが結構長いから難しいのかな。あとテンポはあまりよくないです。速くする設定みたいなのもなさそうです。

ゲーム性としては、あくまですごろくなのでミニゲームが強くても優勝できるとは限りません。純粋にミニゲームがしたい人はこのモードでやる必要はないですからね。

チームプレイすごろく「マリオパーティ 2on2」

2対2のチーム戦で行うすごろくです。通常のマリオパーティとルールやマップのギミックが多少異なっています。ミニゲームも全て2対2のチーム戦になっています。チームの二人はそれぞれ自由にマスの上を動けます。

遊んでみた感想

チーム戦ということで戦略性があって面白いです。個人的にはこちらのすごろくの方がやっていて楽しかったです。

協力しながら川下り「リバーサバイバル」

4人協力モードです。ボートを漕いで川を下りながら途中に現れるバルーンを割るとミニゲームが始まります。バルーンが色々なところに出るのでうまく協力してボートを操作しないとバルーンに触れません。登場するミニゲームも全て4人で協力するタイプのものになっています。ミニゲームをクリアすることで残り時間が延長されます。最終的に時間内にゴールすればクリアとなります。

遊んでみた感想

障害物を避けながらバルーンを割るというボート操作とミニゲームどちらにおいてもみんなの協力が必要不可欠です。やはり大人数が楽しいでしょうね。途中でコースの分岐がいくつもあるのでやりがいがあります。

新感覚「なりきりビート」

リズムに合わせてブロックを叩いたりポーズを取ったり、色々なお題があるリズムゲームになっています。タイミングが良ければ高得点が貰え、最終的にポイントが高い人が優勝となります。

遊んでみた感想

立ってしっかり体を動かしてやると楽しいです。個人的には手本と同じポーズを取るやつが面白かったです。夢中でやってたら汗だくになってしまったので運動不足解消にいいかもしれません。

おもちゃみたいでかわいい「トイパーティ」

2台のSwitchを使って遊べるゲームが入っています。野球盤のようなゲームや戦車で撃ち合うゲーム、画像のような協力してパズルを完成させるゲームなどがあります。またバナナの絵を2台のSwitchを並べて繋げるというのもあります。

遊んでみた感想

2台のSwitchが必要なのはバナナの絵を揃えるゲームだけです。他のは1台でも遊べます。僕は普通に1台でTVモードで遊んでみましたが何よりベースボールが楽しすぎました。シンプルだけどピッチャーがどんな球を投げるかの駆け引きなどが面白いです。ブロックパズルも結構良かったです。

サクサク遊べる「ミニゲームモード」

好きなミニゲームを選んで遊ぶ「フリープレイ」、ミニゲームを5連戦して総合得点を競う「ミニゲームアスロン」、ミニゲームとリバーシを掛け合わせた「陣取りバトル」の3種類があります。とにかくミニゲームを楽しみたい!という方向けのモードです。

遊んでみた感想

好きなミニゲームを選んでサクサク遊べるのでお気に入りのミニゲームだけをひたすらやりたい時に良いですね。ただ、まだ解放されていないゲームは遊べません。

ミニゲームアスロンは通常は勝敗が決まった時点で終了するゲームも最後の一人がミスするまで続くので限界に挑戦できて楽しいです。ただ、選べるゲームが10種類の中からと少ないです。

唯一のオンライン対応「オンラインアスロン」

スーパーマリオパーティで唯一オンラインプレイが出来るというか専用のモードになっています。5つのミニゲームを連続でプレイして合計得点を競います。フレンドや世界中のプレイヤーと対戦できます。

遊んでみた感想

一人で黙々とやるのにおすすめのモードです。やはり対人戦は熱くなりますね。まだ初見の人も多いみたいで動きが面白い人もいました(笑)。逆にめちゃ上手い人もいてやっぱりオンラインは面白いです。ミニゲームアスロンと同様ゲームの種類が全部で10種類しかないのが少し物足りないです。

※Switchのオンラインプレイは有料化されました。こちらの記事も参考にどうぞ。

【Switch】スイッチオンラインに実際に加入してみた先日の記事に書いた通り、本日からNintendo Switch Onlineの正式サービスが始まりました。 https://shi...

 

スーパーマリオパーティの注意点

人数分のJoy-Con(ジョイコン)が必要

ゲームモードを一つ一つ書いてきましたが、ここで大事な注意点をお知らせします。このゲームの全ての操作はジョイコンの横持ちもしくは片手持ちで行いますそれ以外のコントローラは非対応となっています。なので人数分のジョイコンが必要になります。ジョイコンは本体に2本付属していますが、追加で買うのはプロコンなどの他のコントローラが多いかなと思うので注意が必要です。

マリパではジョイコン以外のコントローラは使えません!

まだスーパーマリオパーティを買っていない人に朗報

この記事を読んで

友達や家族でマリパやってみたいけどジョイコンも買い足さないといけないのかぁ

と思った方に朗報です。

ちょっと先になってしまいますが、12月1日にソフトとジョイコン2本がセットになったものが発売されます。こちらは希望小売価格が9980円+税となっていて、ジョイコン単品(2本セット)で買っても8000円くらいはするので超お買い得になっています!少し待つことになりますが、冬休みには間に合いますしクリスマスプレゼントにもおすすめです。また、ジョイコンの予備を持っておくという意味でもこのセットは良いと思います。

シズク
シズク
僕も同時発売ならこっち買ってたな

 

まとめ:Switch版マリパ楽しいよ!

Switch初登場のスーパーマリオパーティですが、ミニゲームの数も多く新たにリズムゲームも用意されていたり満足度の高いソフトだと思いました。改善して欲しい点も何点か上記の感想のところに書きましたが、それらは今後のアップデートに期待したいです。僕は現時点でも十分楽しめています。特に野球盤とミニゲームも幾つか特に面白かったのがあります。

タイトル通りパーティゲームなので大人数でやるほど楽しいと思いますが、少なくとも2人で十分楽しめます。いい年こいた僕も笑いながら遊べました。また映像がとても綺麗で世界観に入り込めます。ぜひみんなでワイワイ遊んでください!

 

追記:全80種類のミニゲームの中から個人的に面白かったものをまとめた記事も書きました。よかったらこちらも読んでみてください。

【Switch】スーパーマリオパーティで面白かったミニゲーム10選先日の記事でNintendo Switch版スーパーマリオパーティの紹介をしました。 この記事では7種類のゲームモードを紹介しそれ...